「嫌われたくない」をやめました。

先日の怒りのブログ更新から色々なかたにメッセージをいただきました。

あの時はホントに怒っていました( •̀ㅁ•́;)

でも先輩がたのメッセージや冷静になって考えてみると1番の原因がわかりました。

それは自分が「いい人に思われたい」という深層心理です。

「居心地の良いフレンドリーな職場にしよう」と初めに決めて、スタッフにもそう言った。

でもそこには(仕事やることやってリラックスしてもいいけど空気読んでね)ってゆう都合の良い要求があったのだと思います。

それが予想をはるかに超えるスタッフの行動に戸惑いながら我慢して、ついに相手に注意しなければ時に「いい人に思われたい」ことを諦めなくてはいけない変な葛藤に陥ったんだと思います。

ニコニコして心の中では不満だらけ。元々こうゆうのが嫌いでハッキリものをゆう性格だけど、一緒に働いてくれるスタッフが大切で嬉しくて、何か注意すると嫌われるんじゃないかとゆう恐れを感じていました。

でも私が尊敬してきた上司や目指す経営者とはそんな人ではない。

いつでも冷静にしっかりと話ができる人。

笑顔を装ったり、イライラの雰囲気を出したり、嫌味をゆう人ではない。

伝えるべきことを相手に伝わるように的確に上手に伝えて、相手の意見も尊重できる。

そんな経営者になれるまでまだまだ修行が必要なようです(´・ω・`)

私は前回のブログを書いた後やけにスッキリし、文字にして見ると自分のドタバタがちっぽけに見え、アドバイスをもらってすぐに心構えを変えることにしました。

仕事はなーなーではやっていけない。

翌日の朝から「シャン」( ・ิϖ・ิ)とした態度で出勤し、しっかりとコミュニケーションを取る、「?」と思ったことはその場でたずねる。

そして「嫌われたくない」なんていちいち考えてないかな?と自分に問うようにしてみました。

そうすると、とてもスムーズでもやもやとしたものも残らない。

解決方法はとてもシンプルだったようです。

とはいってもまだまだこの先色んなことがあるんだろうなーと思いつつ、一歩ずつ進んでいくのであります(๑•̀ㅂ•́)و✧

image

Yumi

Yumi

大阪生まれ、大阪育ち。6人兄弟の末っ子として自由に育つ。家庭は貧困、工事現場のおじさんにお茶出しをし7歳にし一日50円を稼ぐ。学生時代から遊ぶことが一番。20歳で社会に出るが仕事もまともに続かず。母親に地元から出て行けと22歳で島流しに。石垣島へたどり着く。これをきっかけに母親の仕事を負うべく医療の道へ。勢いで看護学校受験・合格。3年後看護師となり働く。医療を通して国際交流やボランティアに興味を持ち4年半の勤務を終えフィリピン留学へ。その後ギリホリでカナダへ行く予定だったがフィリピンとの出会いをきっかけに居座ることとなる。

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

WP-Backgrounds Lite by InoPlugs Web Design and Juwelier Schönmann 1010 Wien