カオハガン島に降り立つ ーHow to get to Caohagan island カオハガン島の行き方ー

 

カオハガン島に行く定期便はない。

 

インターネットで調べたけど情報があまりない。

 

【カオハガンハウスに宿泊する方法はこちら】

①アイランズブルーという旅行会社を使う
※日本からのツアー予約はアイランズブルーってところのみがやってるようです。→ http://www.islands-blue.com/

私たちはセブからなのでアイランズブルーさんは使えなかったけど、個人の予約方法や値段を教えてくれて親切でした。

 

セブからカオハガンハウスに泊まりたい場合は、カオハガン島唯一の宿泊施設「カオハガンハウス」に直接電話する

カオハガン島公式サイト→http://www.caohagan.com/ 電話番号:0917-623-3158(フィリピン国内から)

 ※日帰りは各ツアーのアイランドホッピングでも行けます。オリジナルプランのアレンジがご紹介できますのでお問い合わせからご連絡ください。

 

私が連絡をしたのは出発の2日前だった。

 

フィリピン人女性が電話に出る。

 

土曜日行きたいんですけど・・・。

 

OK!!

じゃあ朝9時にマリゴンドンビーチに来てくださいね。

 

以上!

 

彼女は私の名前しか聞かなかった。

 

んでマリゴンドンて何?担当は?・・一瞬ややパニクって。

 

あの、どうやってお迎えの人見つければいいの?電話番号は??

 

大丈夫。名前書いたサインを持ってるから。

 

OK.

 

まぁなんとかなるだろうと思って電話を切った。

 

 

当日。

セブシティから車で40分、タクシーの運転手にマクタンのマリゴンドンビーチと伝えたら意外とすんなり到着した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな道から入って。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小さなロッジが並んでいるところ。

 

着いた瞬間、たくさんの現地人が近づいてくる。

 

ジャパニーズ?カオハガン?ついて来い!こっちだ。名前はブラボーだ。

 

すごい勢いに圧倒されついて行きかけて。

 

待てよ・・・。

 

名前のサインないし、このままだまされて知らない島に連れていかれたら!!

 

 

ちょっと待って!あなたたちホントのわたしたちの担当?

 

予約名は?

 

ブラボー。

 

違う。私たちの名前は?

 

名前何?教えて?

 

だーかーらー。

 

話にならないので予約した時の番号に電話をかけた。

 

あのー、今ビーチに着いてたくさんの人に声かけられて混乱してるんですけど。

 

担当者の名前は誰ですか?

 

他の人には絶対について行かないで!ブラボーがいるはずだから。

 

警戒していた彼が私たちの担当だったようだ。

 

私たちと同じ船に日本人のおじさんが乗り合わせた。

 

セスナの操縦が趣味でマクタンに滞在しているとのこと。

 

定年後の趣味だそうだ。

 

カオハガン島は今回6回目のベテラン。

 

その島をすごく気に入っているという。

 

胸が高鳴った。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

透き通る海、青い空、もっくもくの雲。

 

気持ちいい。

 

潮が引いていて島にいくには遠回りが必要だって。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小さいボートに乗り換えて、タトゥーの兄さんがあるいて船を引っ張る。

 

パキっと引き締まった体のイケメンお兄さん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子供たちが船を漕ぎながら声をそろえてPassengerのLet Her Goを歌ってて切なく素敵な光景。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そして降り立ったカオハガン島。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夢のような1泊2日は始まったばかり!!

 

【旅のお値段:ひとりあたり】

宿泊1泊2000P
船往復2300P(マリゴンドンビーチからカオハガン島)
食事1食450P

空港からカオハガン島の場合は3000P

Yumi

Yumi

大阪生まれ、大阪育ち。6人兄弟の末っ子として自由に育つ。家庭は貧困、工事現場のおじさんにお茶出しをし7歳にし一日50円を稼ぐ。学生時代から遊ぶことが一番。20歳で社会に出るが仕事もまともに続かず。母親に地元から出て行けと22歳で島流しに。石垣島へたどり着く。これをきっかけに母親の仕事を負うべく医療の道へ。勢いで看護学校受験・合格。3年後看護師となり働く。医療を通して国際交流やボランティアに興味を持ち4年半の勤務を終えフィリピン留学へ。その後ギリホリでカナダへ行く予定だったがフィリピンとの出会いをきっかけに居座ることとなる。

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

WP-Backgrounds Lite by InoPlugs Web Design and Juwelier Schönmann 1010 Wien