フィリピンローカル料理の定番Silog(シログ)

フィリピンローカル料理の定番といえばSilog(シログ)です。

 

Silogはガーリックライス&目玉焼き&一品おかずの日本でいう定食的な存在。

 

自宅では毎日朝ごはんにSilogスタイルをとっています。(私はシリアルですが)

 

シニガンやクリスピーパタを知っている人は多いかも知れませんが、このSilogは実は絶対にはずせないフィリピンローカル料理なのです。

 

 

お店はSilognと呼ばれていて24時間オープンの所も多くいつでも食べられます。

 

価格は50ペソ~80ペソ程度。

 

その一品のおかずが何かによって〇〇+Silogという名前になります。・・・例えばハムだとHumsilog

 

今回はCrown Regency Hotelの横にあるお店に行ってきました。

 

大通りオスメニアブリバードに面していて、外テラスにいると色んな意味でとってもフィリピンを感じられます。
IMG_20150626_100409
渋滞・ジブニー・バイクで騒がしく、物乞いも次から次へ。
IMG_20150626_101943

とりあえず注文!

IMG_20150626_100357

 

メニューはコチラ
IMG_20150626_100347

オーダーしたのはこんな感じです!
IMG_20150626_102716IMG_20150626_102702

これうまっっ!マメとココナッツミルクとチリ!
IMG_20150626_102645

最後はコーヒーでしめでーす(*^-^*)
IMG_20150626_101040

朝からバタバタしたけどブランチに間に合いました。

 

やることはいっぱいあるけど、自営だからこそ自分の時間を自分で使えてる気がして

 

雇われてた時は時間よ、早く過ぎろ。とよく思っていて、今考えたらそうやって限りある人生の時間を過ごすなんてもったいない。

 

しんどいことも今まで以上にあるけど、この1日1日生きてる感がたまらなく充実しているのです。

 

さっ!今日もたくさんの収穫ある1日に☆☆☆

Yumi

Yumi

大阪生まれ、大阪育ち。6人兄弟の末っ子として自由に育つ。家庭は貧困、工事現場のおじさんにお茶出しをし7歳にし一日50円を稼ぐ。学生時代から遊ぶことが一番。20歳で社会に出るが仕事もまともに続かず。母親に地元から出て行けと22歳で島流しに。石垣島へたどり着く。これをきっかけに母親の仕事を負うべく医療の道へ。勢いで看護学校受験・合格。3年後看護師となり働く。医療を通して国際交流やボランティアに興味を持ち4年半の勤務を終えフィリピン留学へ。その後ギリホリでカナダへ行く予定だったがフィリピンとの出会いをきっかけに居座ることとなる。

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

WP-Backgrounds Lite by InoPlugs Web Design and Juwelier Schönmann 1010 Wien