体の弱い小さな赤ちゃん

出産当日仕事から帰ると1匹のねこが床にいました。

さくらはこねこを全てソファーの下に入れています。

タロは赤ちゃんにもさくらにもシャー!!と威嚇。

じゃがはしきりにこねこを連れ出しまだ小さい赤ちゃんを噛んだりおもちゃにして遊んだり。

さくらもタロもまだ7,8ヶ月の時は産まれたばかりの赤ちゃんに同じようなことをしていた。

この光景を見るたびにヒヤヒヤ(*_*;

やめてー。赤ちゃんがぁ…

そこでふと気づきました。

さくらが置いてきぼりにするのもじゃがが一番に連れ出すのも同じ子。

一番体の小さい子

だったのです。

産まれたのは男の子2匹、女の子2匹。

さくらを呼び出しその赤ちゃんがミルクを飲めるように手助けしました。

小さくて痩せているけどしっかりと吸う力があって安心。

相変わらずさくらは赤ちゃんを隠してひとり普通に過ごしてるのでまだまだ心配ですが、見守りながら時に手助けすることにしました。

悲劇の始まりに続く…

Yumi

Yumi

大阪生まれ、大阪育ち。6人兄弟の末っ子として自由に育つ。家庭は貧困、工事現場のおじさんにお茶出しをし7歳にし一日50円を稼ぐ。学生時代から遊ぶことが一番。20歳で社会に出るが仕事もまともに続かず。母親に地元から出て行けと22歳で島流しに。石垣島へたどり着く。これをきっかけに母親の仕事を負うべく医療の道へ。勢いで看護学校受験・合格。3年後看護師となり働く。医療を通して国際交流やボランティアに興味を持ち4年半の勤務を終えフィリピン留学へ。その後ギリホリでカナダへ行く予定だったがフィリピンとの出会いをきっかけに居座ることとなる。

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

WP-Backgrounds Lite by InoPlugs Web Design and Juwelier Schönmann 1010 Wien