本当にあった恐ろしいフィリピン人講師からの脅迫事件

語学学校では基本的に講師との外出は全て書類を提出しなければならない。

 

指定の用紙に行き先、目的等を記入する。

 

学外でのトラブルを避け、状況管理する為だ。

 

なぜだかわからないがある20代の韓国人女性留学生(A)が、講師との外出許可証を出さずに担当講師(B)と週末出かける約束をしていた。

 

日曜日、Aが約束の場所に行くとBの姿がない。
Bから携帯電話が鳴る。

 

「もしもし?今日実は用事ができてすぐには行けないから弟と出かけてくれないかな?後で合流するから!」

 

しばらくしてBの弟が登場。

 

訳がわからないがとにかく予定通り出かける。
Bの弟はとても親切だった。

 

色々と話をしながらランチ、買い物、ディナーまで一緒に過ごす。
もちろんAがお金を出すことになった。

 

Bは何がモノを買うことまでねだったようだ。

 

Aは当然不快感を持つ。

 

その後何があったかわからないが、Bの弟がおそらく男女の関係をせまったのだろう。
もしくは強制したんだろう…

 

 

次の日Aが泣きながら生徒管理のオフィスに訴えた。

 

 

もちろん講師との外出許可証を出さなかったAも処罰の対象だ。
それでも訴えるということは何かがあったと推測できる。

 

 

そのことを知ったオフィススタッフはBに問いただし、なんとそのままクビとなった。

 

 

次の日Aの携帯が鳴った。
Bの携帯からだがBの弟からのメッセージだ。

「お前のせいでBがクビになった。どうしてくれるんだ!!お前ヲ殺す…。」
そして学校の門にBの弟が現れる。

 

 

当然ガードマンに止められる訳だが本気で殺すために来たのか。
Bの弟へは学校の管理者が対応した。

 

 

その後Aはショックのあまり留学が続けられなくなり、韓国へかえってしまった。

 

 

恐ろしいですね。
我々から考えられないようなことがここでは起こってます。

こんな理由でもガンで打たれる可能性がある。

後先考えず感情で行動するフィリピン人、おそろしや。

Yumi

Yumi

大阪生まれ、大阪育ち。6人兄弟の末っ子として自由に育つ。家庭は貧困、工事現場のおじさんにお茶出しをし7歳にし一日50円を稼ぐ。学生時代から遊ぶことが一番。20歳で社会に出るが仕事もまともに続かず。母親に地元から出て行けと22歳で島流しに。石垣島へたどり着く。これをきっかけに母親の仕事を負うべく医療の道へ。勢いで看護学校受験・合格。3年後看護師となり働く。医療を通して国際交流やボランティアに興味を持ち4年半の勤務を終えフィリピン留学へ。その後ギリホリでカナダへ行く予定だったがフィリピンとの出会いをきっかけに居座ることとなる。

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

WP-Backgrounds Lite by InoPlugs Web Design and Juwelier Schönmann 1010 Wien