ミンダナオ島ButuanのFarm Wedding❤️

こんばんは!

セブ島のYumiです。

りっちゃんのお友達の結婚式に出席するため、ミンダナオ島のButuanというところまで行ってきました!

セブ・マクタン空港から約45分のフライトです。

image

着いたのは高い建物が一切見当たらないのどかな田舎町。

image

ミンダナオって怖いイメージだけどそんなこと全く感じさせないpeacefulな雰囲気でしたよ。

でもジャングルに危ない人々が潜んでいるとかいないとか…。

そして車を走らせること30分、街の教会に到着しました。

image image

今回結構するカップルはジムマニア、健康マニア!二人ともムキムキで引き締まったパーフェクトボディで水着のお二人のFB投稿には何度びっくりさせられたことか!

そんな二人のこだわりで式はお花で飾るのではなく緑をいっぱいに。新鮮で素敵でした♡

そして小さな頃から兄弟のように過ごしてきたりっちゃんがBest Manとして1日新郎の全面サポートをします。

image

彼はドイツ人とフィリピン人のハーフで手に持ったタブレットでドイツにいるパパと生中継をしていました。

式がスタート!なんとバージンロードに新婦がマイクを持って歌いながら登場!さすが。としか言いようがありません。しかもうまい。

image image

本当に温かい家族でカップルもラッブラブで素敵だな〜

結婚パーティは新婦の両親が経営する農場で行われるとのことで興味津々でした。

image image

着いてみて、なんて素敵ー!すごーい!広いしー!と大感動☆

image image

鳥とかヤギとか犬とかうろうろしてて。ファームだからね。

image image

飾り付けのセンスが抜群で新郎新婦のこだわりがとても感じられました。

image image

このあとだんだん暗くなりキャンプファイヤーがあったり、ゲームやスライドショー、スピーチなどムードの良い雰囲気の中盛りだくさんのパーティでした。

今日のお二人、初めて一緒に出かけた時はまだ付き合って1ヶ月とかのホヤホヤカップルだったのにもう結婚か、時が経つのは早いなぁとしみじみな感じながら、今でも全然変わらずラブラブな姿に羨ましくもあったのでした。

このあとはりっちゃんのDJタイムが始まり大人も子供も踊りまくりで深夜3時までコースでした!

Yumi

Yumi

大阪生まれ、大阪育ち。6人兄弟の末っ子として自由に育つ。家庭は貧困、工事現場のおじさんにお茶出しをし7歳にし一日50円を稼ぐ。学生時代から遊ぶことが一番。20歳で社会に出るが仕事もまともに続かず。母親に地元から出て行けと22歳で島流しに。石垣島へたどり着く。これをきっかけに母親の仕事を負うべく医療の道へ。勢いで看護学校受験・合格。3年後看護師となり働く。医療を通して国際交流やボランティアに興味を持ち4年半の勤務を終えフィリピン留学へ。その後ギリホリでカナダへ行く予定だったがフィリピンとの出会いをきっかけに居座ることとなる。

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

WP-Backgrounds Lite by InoPlugs Web Design and Juwelier Schönmann 1010 Wien